【他人にものを教えるとき】

私は他人にものを教えるとき、説明するときに心掛けてることがある。

それは、相手に応じて説明方法を変えていることだ。

人は人の数だけたくさんの思考や考え方を持っている。

例えば、

 

🔲1から10まで順を追って聞かないと理解出来ない人

🔲説明を受けても今一理解出来ないが、実際にやってみると体で理解出来る人

🔲結論を最初に理解してからだと行程が理解しやすい人

と挙げればキリがない。

 

このように思考や考え方が違うのに、

自分(説明する側)が説明しやすいように教育を行っているのを私はしばしば見たことがある。

 

新しい事を相手に教えるときに重要なのは、受けてがどう説明すれば理解しやすいかであり、

自分の事は二の次に考えるべきである。

私は常々説明の際に、相手が理解出来ないのは自分の説明の仕方が悪いか、

相手に合わないものだとし、理解するまで何通りもの説明の仕方を試す事をしている。

理解しない相手に怒りを覚えるよりも、まずは自分を見直し、

自分を向上される事を考える方がお互いの為にプラスだと思う。

 

私は関与出来る範囲すべてに、この考え方を広めて行きたい。