<社会的証明の原理>誰もが思わずしてしまう!その心理とは?

こんな経験ありませんか???

初めて行う作法や、使い方のわからないものを扱うときに思わず周りの人の

仕方を見てしまうこと( ゚Д゚)

または夏休みの宿題を友達の進捗具合をついつい確認してあまり進んでいないと安心するとか…|д゚)

これって心理学的に<社会的証明の原理>と言われているそうです。

具体的に言うと、人は判断に困ったときに他人がどのような行動をしているかによって

自分がどう振る舞うべきかを決める習性があるそうです。。。

又は他人と同じ状況だから安心する!みたいに、多くの人がとる行動=正しい行動!

と捉えるようになっているようですね(^^♪

『赤信号、皆で渡れば怖くない!みたいなですね…』

まとめると、、、

<社会的証明の原理>=「他人がどのように行動しているかに基づき、その物事が正しいかどうかを判断する心理」

ってことです。

もともと集団行動を取ってきた人間なので、こういった心理は仕方ないことなのでしょうが、

これって自分の独自性を失いかねない危険な真理だと思います…!!

大切なのは自分がそれをどう解釈し、自分で考えて自分の責任で行動していくって事だと思います。

1つ嫌いな言葉があります。。。

『みんなやってるからいいじゃん』とか、『みんながいうから…』とかです”(-“”-)”

こういった心理が潜在的に自分に備わっていることを認識した上で、僕は自分と

向き合い責任ある行動をして行きたいと考えます( ..)φ

スポンサーリンク

1 個のコメント