モチベーションを上げる!プラス思考に大きく影響!アルフレッド・アドラーさんの言葉5選!

こんにちは!ひろぼーです( *´艸`)

【アドラー心理学】をご存知でしょうか???
アルフレッド・アドラー(18世紀の心理学者)

引用:ウィキペディアより

18世紀の心理学者で、心理学で有名な「ジークムント・フロイト」、「カール・グスタフ・ユング」と並び心理学の三大巨匠と言われてるようです。

アドラー心理学は、共感する内容~新たな発見~自分を指さされてるような内容とあり、僕の考え方にも大きな影響を与えてくれました。

今回はそんな中で特に僕が影響を受けた5つの言葉を紹介したいと思います!!!




「人は「貢献感」を感じ、「自分に価値がある」と思える時だけ勇気を持つことができる」

これは心に刺さりました!!僕は仕事を自分の為でなくみんなの為に行う事でモチベーションが上がる事は感覚的に知ってはいたのですが、心理学として貢献感を感じた時に自分を好きになる!っと言う事実を目にした時に嬉しく思いました!
自分の今いる場所で、何かに貢献できている実感が得られれば、人は勇気を持てるのだと言います。
そんなものをたくさん見つけることが出来たら毎日が楽しいでしょうね!

「重要なことは人が何を持って生まれたかではなく、与えられたものをどう使いこなすかである。」

僕は今年の4月に部署異動になりました。業務の都合もあり、実際の業務を開始したのは5月の後半でしたが、違う部署なので当然仕事の内容も異なります。
まず始めたのが、今の持ってる自分のスキルでこの部署の力になれるものがないか探しました。
新しく時間をかけて覚えるよりも、今すぐ出来る事を探して即戦力になりたい!そんな思いからです。
案の定、そんな業務はいくつもあり、初日から戦力になることが出来ました。
もしかしたらその時の僕の頭のどこかには、アドラーさんの言葉があって、今あるものをどのように使うか?の思考に辿り着いたのかも知れませんね!

「楽観的でありなさい。過去を悔やむのではなく、未来を不安視するのでもなくいま現在だけを見なさい。」

アドラーさんの考え方ですが、過去も未来も関係なく、
現在だけを見ることを重要視してます!
確かに過去を振り返ることで現在が改善される訳でもないし、
未来を予測する事で現在がより良くなる訳でもない。
僕の考え方で、「現在を最高潮と意識することで、そんな今を作るための過去も、これから来る最高潮の未来もプラスに考えることが出来る」っと言うものがあります。
過去の出来事を原因として突き詰めるよりも、今をどのように捉えて過去をどのように解釈して行くかが幸せな未来を築くのに大切な事かな~と思います!
大切なのは今(現在)です!!

「人は失敗を通じてしか学ばない。」

確かに成功したときよりも失敗したときの方が失敗した原因や今後の対策を考えるので経験値としては大きいかもしれません。
成功から学ぶこと…確かに失敗からの学びの方が多いかもしれませんね。
失敗は成功の始まり!失敗するためにはまずは何か行動をすること!
PDCAサイクルのDは一番重要なことなのかもしれませんね!!!
いっそDPCAにしては?と思ってしまいます( ..)φ

「やる気がなくなったのではない。やる気をなくすという決断を自分でしただけだ。」

この言葉!!厳しく僕の心に刺さりました…((+_+))
僕も何かのせいにしたり、誰かのせいにしたりしてやる気をなくしたことがあります…でもそれって確かに自分でそうしてるだけなんですよね…
自分以外の何かに影響を受けて解釈するのは自分自身なので、最終的には自分自身が判断する事になる。
僕のマイナス・ネガティブ要素も自分の中で最終的にプラスに変換してしまおうと言う考え方にこの言葉は大きく影響してくれました!
自分自身を強く持ちたい!そんな風に思います( ..)φ

まとめ

今回は僕の思考にたくさんの学びを与えてくれたアドラーさんの言葉のほんの一部を紹介しました。
アドラーさんの言葉や思考は本当に仕事やプライベートで活かすことが出来るので、興味のある方は是非1度触れてみて欲しいなと思います。
人生が困難なのではなく、シンプルな人生をあなた自身が困難にしているのだっと言った言葉の通りで、新しいものの見方や考え方を知る事で、自分の人生が楽しく豊かになるんだなと感じてます!
最後まで読んでくれてありがとうございました!!

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

18才より仕事ばかりしてきました。 仕事の事を四六時中考えていた結果、社会を生きる上での様々な考え方を持つようになったものを紹介できればと思ってます。