モチベーションを上げる言葉・マンガ・ゲームキャラの言ってた素敵な言葉4選!

こんにちは!ひろぼーです( *´艸`)

言葉の影響って本当にスゴイですよね!

心が晴れることもありますし、元気を貰えることもある。

僕はマンガやゲームが大好きで、そんなキャラクターから貰った言葉もたくさんあります!

今回はそんなのキャラクターが言っていたセリフで、良いな~と思う言葉を紹介したいと思います( *´艸`)

「可能性が低いってのは、つまりゼロじゃない。」

渡久地東亜(マンガ:ワンナウツの登場人物)

引用:ウィキペディアより

非常に可能性の低い事を行う場面で出た言葉です。
0じゃないって事はやるだけの価値があるんだ!と前向きになれます。
それにしてもこの「ワンナウツ」と言うマンガは面白すぎます!!
主人公の渡久地は120キロそこそこの速球のみしかを投げることが
出来ないピッチャーなのですが、心理戦を持ってプロの世界で
勝ち続けていく!そんな彼の哲学の中には、仕事やチームを生かす為に役立つ内容が盛りだくさんで、たくさん前向きになれる内容もありました!
僕のプラス思考構築に大きく影響した作品です!

「『みんなで』なんかじゃねーんだよ、『俺が』なんだよ、『俺が』チームを勝たせるんだよ」

菅平(マンガ:ワンナウツの登場人物)

引用:ウィキペディアより

これは『本当のチームワーク』とは何か?と言った場面で出てきました。
チームワークとは、みんなで力を合わせて100%以上の力を発揮する事ではなく、1人1人が自分が1番頑張るんだ!と思い各々が100%以上の仕事をする事だ!と言うシーンの言葉です。
これ物凄く大好きなシーンで、僕がこのシーンを見たのが数年前で、その時に属していたチームで、誰かに頼るのではなく、全員が120%の力で自分がやるんだ!!!と思っていたら、物凄いチームが出来上がるんだろうな~っと強く思ったのを覚えてます(^^)
みんながみんな自分が主役なんだ!って行動したら本当にスゴイ力になりますよね!

「フィールドでプレーする誰もが必ず1度や2度屈辱を味あわされるだろう。打ちのめされた事のない選手など存在しない。ただ、一流の選手はあらゆる努力を払い速やかに立ち上がるだろう。並みの選手は少しばかり立ち上がるのが遅い。そして敗者はいつまでもグラウンドに横たわったままである」

テキサス大フットボールコーチ

:ダレル・ロイヤル

引用:ウィキペディアより

僕はこれを、『アイシールド21』と言うマンガで知りました!
何回倒れても良いんだ、何回失敗しても良いんだ、ただ起き上がるのを止めてはいけない。
努力は積み上げていくもの、トライアンドエラーを繰り返して立ち上がり続けることの重要性、諦めてしまうと真の敗者になってしまう!っと解釈できますね。
僕も倒れても立ち上がる続けます!!

「オレは絶対なんて言葉を絶対に信じないけどな」

アルガス(ファイナルファンタジータクティクスのキャラクター)

引用:ウィキペディアより

このセリフは深いですよね。
絶対って言葉は僕も使ったことがありますが、
冷静に考えると何が起こるか分からない中で絶対って事を
宣言するのは物凄くリスクを感じてしまいます。
僕のプラス思考もそうですが、極力~っと言ったように絶対【100%】に限りなく近付けるようなイメージで
表現した方が良いのかな~と思います!!

まとめ

今回は僕がマンガ・ゲームのキャラクターが使っていたセリフで、良い言葉だな~っと思ったものを紹介しました!
考え方に影響を与える言葉って本や過去の偉人だけではなく、ゲームや漫画の中にもたくさんありますよね。
僕なんかは読書し始めたのは最近なので、マンガ・ゲームから得た知識はたくさんあります!笑
人生に影響を与えてくれる素敵な言葉はどこにあるか分からない!
っと言うことを強く意識して今日も楽しんで行きたいと思います!
最後まで読んでくれてありがとうございました!!

スポンサーリンク